Paris Stories
1988年,フランス,72分
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク、デヴィッド・リンチ、アンジェイ・ワイダ、ルイジ・コメンチーニ、ジャン=リュック・ゴダール
出演:クロード・ジョス、ジャン・クレマン、ハリー・ディーン・スタントン、ピエール・ゴルチャン

 パリをテーマに5人の監督が撮った5本の短編を集めた作品集。『フィガロマガジン』の創刊10周年を記念して製作された。 

 1話目は、ヴェルナー・ヘルツォーク監督の「フランス人とゴール人」。
ワインとラグビーというフランスを象徴する二つの対照的なものを取り上げ、ドキュメンタリー風に仕上げている。 

 2話目は、デビッド・リンチ監督の「カウボーイ&フレンチマン」。
アメリカのカウボーイたちの下に突然現れたフランス人をめぐる幻想譚。リンチ流の異文化交流物語。

 3話目は、アンジェイ・ワイダ監督の「プルースト、わが救い」。
第二次短戦中ソ連軍の捕虜となり生き残ったポーランド人画家ヨゼフ・チャプスキを描いたドキュメンタリー。淡々としているが自らもソ連軍の捕虜となっていたワイダ監督の思い入れが伝わる一作。

 4話目はルイジ・コメンチーニ監督の「アジャンを訪ねて」。
コメンチーニ監督自身の娘二人が、彼の育ったフランスのアジャン地方を旅する映画。少し作り物っぽさがあって難。

 5話目はジャン=リュック・ゴダール監督の「最後の言葉」。 
戦争中のドイツ将校によるフランス民間人の処刑事件を幻想的に描くゴダールらしい短編。現在とも過去ともつかぬ映像とバイオリンの音色が独特の世界を作り出している。

 この「パリ・ストーリー」の中の一作、デヴィッド・リンチ監督の「カウボーイ&フレンチマン」はなかなかの秀作だ。この作品はちょうど、「ツインピークス」のTVシリーズが始まる前年、「イレイザヘッド」や「ブルー・ヴェルヴェット」などのカルト的人気を誇った一連の作品を撮ったあとに撮られている。
 この作品は、明るい西部の農場を舞台にしたコミカルな物語であり、これ以前の作品とこれ以後の作品とのあいだに一線を画す秀作であると位置づけることができるかもしれない。西部にそぐわない白いブラウスに黒いスカートの瓜2つ(というか4つくらい)の女性たちは何なのか?最後に掲げたミニチュア自由の女神はいったい……
 などなど、リンチ的な謎がたくさん散りばめられていて楽しいものだった。耳の遠いカウボーイという設定も秀逸。

One Reply to “パリ・ストーリー”

  1. 1番目はミスマッチの面白さ。2番目はヤンキー気質とパリジャンの対比。
    3番目は原作もあるチャプスキの切実な回顧録。いかにもワイダらしく、後年のカチンの森を予想させる。
    4番目は「天使の詩」を作ったルルイジの私小説的映画。二人の娘が美しい。
    最後はドイツ占領下のフランス市民虐殺を描いて、リアリズム以上の衝撃あり。どれも甲乙つけがたい傑作短編映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です