ギリーは首ったけ

Say it isn’t so
2001年,アメリカ,96分
監督:ジェームズ・B・ロジャーズ
脚本:ピーター・ゴールク、ジェリー・スワロー
撮影:マーク・アーウィン
音楽:メイソン・ダーリング
出演:ヘザー・グレアム、クリス・クライン、オーランド・ジョーンズ、サリー・フィールド

 インディアナの小さな町の鳥獣保護センターで働くギリーは恋人もおらず、母親を探すことに熱意を傾けていた。彼の望みは鳥肌の立つような完璧な美人と結婚することだったが、ある日、町の美容院にそんな美女がやってきたことを聞き、ギリーは髪を切ってもらうことにするが、その美容師ジョーはうっかりギリーの耳を切ってしまう。しかし、そのことから二人の付き合いがはじまり…
 『メリーに首ったけ』のファレリー兄弟がプロデュースしたナンセンス・コメディ。『メリー…』よりさらにB級テイストとが増しているが、ギャグが当たり前すぎてあまり笑えない…

 はっきり言って、こんなネタじゃ笑えません。映画を10分見れば、結末まで大体読めてしまうし、クリス・クラインにはいまいちコメディアンとしてのセンスが感じられず、ヘザー・グレアムもしかり。狙ったギャグでも笑えるとしても失笑というか「ハハン」と鼻で笑うくらい。
 なのであまり語ることもありませんが、唯一ギャグとして成立していたのはビッグ・ディッグというキャラクター。名前がそもそもお下劣ギャグなわけで、さらに障害者をネタにしているということでいろいろ問題はあるわけですが、ファレリー兄弟らしいネタで、さすがにつぼを心得いているというか、あまり差別的にはならないようにうまく使っている。乾燥機に入っているシーンが一番の爆笑シーンだったかもしれません。
 『メリーに首ったけ』は面白かったけれど、私は個人的にはあまりファレリー兄弟がヒットしてこないようです。やるならもっとばかばかしく、とにかくバカにやってほしいと思います。

ゴールデンアイ

Goldeneye
1995年,アメリカ,130分
監督:マーティン・キャンベル
原案:マイケル・フランス
脚本:ジェフリー・ケイン、ブルース・フィアスティン
撮影:デレク・メディングス
音楽:エリック・セラ
出演:ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーン、イザベル・スコルプコ、チャッキー・カリョ、ジュデュ・デンチ

 冷戦時代、ソ連の化学兵器研究所へと潜入したジェームズ・ボンドは相棒の006ことマックスを残して逃げ出してしまった。その9年後、アメリカ海軍の最新のヘリコプターが旧ソ連の女性パイロットによって盗まれてしまう。衛星写真の分析から北ロシアの基地にそのヘリコプターがあることを発見するが、その直後、その基地は破壊されてしまう…
 ピアース・ブロスナンを5代目ジェームズ・ボンドに迎えた007シリーズ第17作。スタッフ/キャストを一新し、新しい007を作り出した。

 冒頭のダムを飛び降りるシーンのすごさにぐっとつかまれる。ピアース・ブロスナンのボンドもそれほど違和感はない。その後まっとうなアクション映画のように進んでいくけれど、おなじみの秘密兵器研究所あたりから007らしくなってくる。やはり007はその過剰さがなくてはいけない。ジェームズ・ボンドというスーパーマンの不自然なまでのすごさがやはりいい。圧巻は戦車のシーン。かなり長い時間を割かれたそのカーチェイスならぬ戦車チェイスは笑ってしまうくらいすごい。過剰さが笑いを誘うアクションというのはやはりいいですね。ほかにもそんなシーンがたくさんあるので楽しめます。
 この映画は冷戦後を冷戦を引きずって描いている。「旧ソ連」の一部の人々がスパイの敵になるという設定。この方法は冷戦時代の方法を生かすことができるのでやりやすいでしょう。しかし時がたつにつれ、リアルさが薄れてくると思われるので、こればかりに頼っているわけには行かない。007もこれ以降は冷戦からは距離を置いているようです。
 これからのスパイ映画を考えるとやはり、対テロリストというのがホットなトピックになるでしょうか。「ワールド・イズ・ノット・イナフ」はテロリストの話だったような気が… 個人的にはアメリカの陰謀を暴くイランのスパイ映画なんかがあったら見たいですが、誰か作ってくれないかなー、そういう映画。

サブウェイ・パニック

The Talking of Pelham One Two Three
1998年,アメリカ,90分
監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ
原作:ジョン・ゴーディ
脚本:ピーター・ストーン、エイプリル・スミス
撮影:フェリックス・エンリケス・アルカラ
音楽:スチュワート・コープランド
出演:ヴィンセント・ドノフリオ、エドワード・ジェームズ・オルモス、ロレイン・ブラッコ、ドニ-・ウォールバーグ

 2人の男が合図を送りあいながら地下鉄に乗り込む。駅に着くと別の2人が運転手と車掌を銃で脅し、電車を発車させた。地下鉄は四人の男女にハイジャックされた。果たして彼らのねらいは…
 1974年の「サブウェイ・パニック」のリメイク。アメリカでテレビ用の映画として作られた。フェリックス・エンリケス・アルカラはセガールの「沈黙の断崖」の監督。出演者たちも「どっかで見たことあるけど…」という感じ。

 テレビ用と考えるとなかなか優秀な作品。それはもちろんもとがあるからだろうけれど、しっかりとした脚本にしっかりとした映像。20分に一回くらい「ここでCM」というようにフェードアウトしていくのはご愛嬌。
 といっても、特筆すべきことはありません。全体に映像にフィルタがかかって青っぽい映像になっているのがなかなかいい感じ。ブルー役のヴィンセント・ドノフリオですが、どこかで見たことあるんだけど、結局どこで見たのかは思い出せずじまい。

キラー・クロコダイル 怒りの逆襲

Killer Crocodile 2
1990年,イタリア,87分
監督:ジアネット・デロッシ
脚本:ジアネット・デロッシ
撮影:ジョバンニ・バーガーミニ
音楽:リズ・オルトラーニ
出演:デブラ・カー、アンソニー・クレンナ、トーマス・ムーア

 密林に現れた巨大ワニ(クロコダイル)を退治する二人の男を描いた前作から数年後、再びやつが現れた。  
いわゆるジョーズ系パニック映画のバリエーション。驚きなのはイタリア映画ということ。しかし、セリフは英語、出てくる人もドウみてもアメリカ人。ワニは手の込んだ張りぼて。このあたりがB級映画らしくて非常にいい。B級映画好きの人にはお勧め。普通の映画好きの人には薦めません。

 すべての仕掛けがわかりやすいところが非常にB級映画らしくていい。川を泳いでいるワニが丸太のように微動だにしなかったり、アングルによって明らかにワニの大きさが違っていたり、これぞB級!というつくりです。
 そして、もうひとつB級なところは映画のつくり。特に登場人物の感情を表すときに使われるのがほとんど顔のアップという非常にわかりやすい構成。黒人の船頭が欲情するときに顔のアップと、視線の先にある尻のアップを交互に見せるところなんかがその典型。
 「映画にA級もB級もない」などといわれますが、こういう映画を見ると、普通の映画の駄作といわゆる「B級映画」との違いがわかります。